■その3■

『〜メジャーコードの押さえ方 その1』

手順その1とその2を合体させるよ!

左手で☆3度-7度-9度☆で弾いてみよう!
Cならミ-シ♭-レ

これをよく出るコード全てで
押さえられるようにしよう!

でもA7やG7はこの押さえ方だと
問題が起こるから
別のやり方で弾くよ!
それは次回!


■その4■

『13度を覚えよう』

ルートから数えて13番目の音!
(Cならラ)

5度の全音上の音って覚えよう!
(Fならドの全音上のレが13度)

とても使う音だから、
これをよく出るコード全てで
押さえられるようにしよう!


■その5■

『メジャーコードの押さえ方 その2』

手順その1とその4を合体させるよ!

左手で☆7度-3度-13度☆で弾いてみよう!
Fならミ♭-ラ-レ

これをよく出るコード全てで
押さえられるようにしよう!

でもC7やE♭7はこの押さえ方だと
問題が起こるから
【その3】のやり方で弾くよ!

■その6■

『マイナーコードの押さえ方』


マイナーコードのおさえ方は
結構かんたん。

マイナーコードの時は【その4】の
13thが使えないから、

【3度・5度・7度・9度】
【7度・9度・3度・5度】

この2種類。
使うテンションは9thしかない。

しかも低すぎたり、高すぎたりしたら
どちらか一方は使えないので、
必然的におさえ方は1つに
決められちゃう。



■その7(完)■

『まとめ』

初歩的な左手のおさえ方は
要点だけ抑えれば実はかなりかんたん!

メジャーコードなら
【3度・7度・9度】(C7ならミシ♭レ)
【7度・3度・13度】(C7ならシ♭ミラ)


マイナーコードなら
【3度・5度・7度・9度】(Cm7ならミ♭ソシ♭レ)
【7度・9度・3度・5度】(Cm7ならシ♭レミ♭ソ)


この2択しかない。
しかも例えばA7を【3度・7度・9度】で
弾こうとしたら…
「ド#・ソ・シ」になるんだけれど
これは低音域で弾けば低すぎるし、
高音域で弾いたら右手のジャマになる…

よってA7は【7度・3度・13度】の
「ソ・ド#・ファ#」しか弾かないことになる。

こんな感じで、
ただでさえ2択という少なさなのに、
2択ですらないコードもある。

めげずに取り組んで行けば
ゴールは思った以上に近いから
じっくり理解していって〜

☆☆☆☆☆☆☆☆☆

いかがでしたか?
「よくわからない…」というかたは、
私の教室へどうぞ。

「この項目だけを教えて欲しい」
というのにも対応してます。

左手(コード)の押さえ方

■その1■

『3度と7度』

まずはコードの3度と7度を
押さえられるようにしよう!
それが基本中の基本!



ホームへ








■その2■

『9度を覚えよう』

ルートから数えて9番目の音が9th
(Cならレ)

律儀に9つ数えるよりも
ルートの全音上の音って覚えよう!
(Fならファの全音上のソが9度)

とても使う音だから、
これをよく出るコード全てで
押さえられるようにしよう!



「よくわからない…」というかたは、
私の教室へどうぞ〜